借金が多い場合は相続放棄もできます

相続が開始した場合、つまりは親族が亡くなった場合、相続人はどのように相続するか3つの選択肢があります。
ひとつは相続する場合で財産も借金も受け継ぎます。


二番目は相続放棄で、財産も借金も受け継がないとする場合です。

三番目は限定承認といい、財産も借金も受け継ぐけれども、もし借金のほうが財産より多い場合はマイナスとなる部分は受け継がないという方法です。

もし亡くなった方が財産よりは借金の方が多い場合は相続放棄したほうが経済的には得になります。

また、兄弟の誰かが家業を継ぎたい場合で分けられない場合、継がない兄弟が相続を辞退する場合には有効です。

の最新情報を見つけよう。

相続放棄をしたい場合は相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内にしなければならないと定められています。

神戸 債務整理ならお任せください。

これが厳しいです。実際に3ヶ月はすぐに過ぎてしまいます。
故人の悲しみに浸っていると、期限が過ぎてしまうことがあります。

どのくらいの資産や負債があるか家族にはわからなくて困ることが多々あります。


できれば家族のためにもしものときを考えて遺言書を書いておくなり財産と負債目録をつくっておくなりしておくことが大切です。この3ヶ月は故人がなくなってからの期間で、もし、音信不通の子供などで連絡が取れない場合、連絡が取れてから3ヶ月となり、さらにややこしい場合がでてきます。

相続放棄は故人の住所地の家庭裁判所に相続放棄の申述書を相続開始を知った日から3ヶ月以内に提出して行います。

債務整理 神戸にまつわる情報をまとめています。

3ヶ月を延長したい場合は、故人の住所地の家庭裁判所に期間を伸ばしてもらうよう申し立てて伸ばしてもらうことも可能です。

ここでひとつポイントですが、相続放棄しても生命保険金は受け取れる場合があります。

たとえば夫が契約者である生命保険金で夫が亡くなって妻が死亡保険金を受け取る場合、それば夫の相続財産ではなく妻の財産なので、夫の相続放棄をしても死亡保険金は妻は受け取ることができるのです。